AGAは中高年以降になると発症リスクが高まりますので40代以降になると薄毛になり易くなってしまいます。

ただし、AGA治療を受ければ改善できる可能性があります

ところが治療をしても発毛する人がいる一方で発毛しない人もいるのです。

発毛する人・しない人

発毛する場合としない場合の違いとして、まず薄毛になってからすぐに治療を受けるようにすれば改善できる可能性が高まります

薄毛になったばかりの場合は毛根の活動もまだそれほど弱くなっていないはずですので、発毛をサポートしてあげれば回復する可能性が高いのです。

しかしながら、薄毛を長く放置している場合ですと毛根も弱くなって活動も低下していますので、治療をしても薄毛の回復率としては低くなってしまうのです。

適切な治療を受けるかどうかも両者を分けるポイントと言えます。

単にAGA治療といっても種類があり、代表的なのが内服薬を用いた治療です。

内服薬による治療だけでも改善できる可能性がありますが、しかしAGAの程度によっては力不足の場合も否めません。

もし内服薬で回復ができない場合は発毛薬やサプリメントも利用したり、時には注射治療をすることで回復できることがありますが、ただ病院によってはそういった治療はしてくれません。

内服薬だけの治療で終わることがありますが、その場合ですと回復できる可能性も低くなります。

つまり常にベストな治療をしてくれる病院を選ぶようにしないと回復の可能性も低くなりますから、病院選びから間違わないようにしなければいけないのです。

治療をきちんと継続できるかどうかも重要です。

AGA治療をしてすぐに生えてくることはありません

ですから回復の為には根気が必要であり、時には何年も時間が掛かることがあります。

しかしながら時間が掛かるゆえに途中で諦めてしまうケースもあるのです。

ただ、それでは回復させるチャンスもなくなってしまいますから、回復を目指して治療を受け続ける意志を持つことが大切です。