男性に見られる薄毛の多くは、AGAと呼ばれる物です。

これは男性ホルモンが関係している薄毛の事で、大体30代から40代位からその症状で悩む人が増えてきます。

対処法としては育毛剤の利用などが昔から行われてきていますが、状態を維持する事は出来ていても、症状自体は快善していないという人も珍しくありません。

また、50代位になるとかなり薄毛が進行している場合も有り、額が広くなっていたり頭頂部の髪の毛が全くないという場合は勿論の事、額と頭頂部の境目にも髪の毛がないような状態になっている場合も有ります。

この様な状態になると、人によっては手遅れだと考える事も有りますが、実はそうとは限りません。

基本的に、AGAを改善する為には毛母細胞が必要となりますが、毛穴が有り、さらに毛母細胞が残っていれば髪の毛を復活させる事は決して不可能ではないのです。

しかし、毛母細胞自体がどんな状態になっているかは素人目に分かるわけではなく、まずは病院に行って診てもらう必要があります。

その結果で手遅れなのかどうかという事が分かる為、薄毛の進行状況だけで判断できるわけではありません。

その為、手遅れだと諦めている人ももしかしたらAGAを改善する事は可能となる場合が多々あります。

従って、治療薬を利用する事によってかなり進行してしまっている薄毛も髪の毛を増やす事は十分可能です。

基本的に現時点で最も効果が期待できるAGAの治療法としては、治療薬の利用が有ります。

この方法の場合は50代だからと言って利用できないわけではありません。

毎日薬を飲む事によって男性ホルモンの影響を受けにくくなるため、毛母細胞が活発化し薄毛を改善する事も期待出来ます。

重要な事は薄毛がどこまで進行してしまっているかと言う事ではなく、毛母細胞が生き残っているかどうかという事です。

ただ一気に髪の毛が増えて行く方法では無い為、子供のころの様なふさふさの髪の毛にしたいという場合は難しい事も有るため、放置しておいて50代になってからでも遅くは有りませんが薄毛治療はなるべく早い段階で始める方が無難です。