薄毛になる理由

薄毛になる理由には様々なものがあります。

50代以降になると、加齢や生活習慣の乱れが原因による薄毛が少なくありません。

それ以外の薄毛の原因として、男性型脱毛症、いわゆるAGAが原因による薄毛に悩む人が少なくありません。

AGAは男性ホルモンDHTが原因になって薄毛を発症してしまうもので、20代や30代の比較的若い男性に多い症状だとされていす。

AGAは一度発症してしまうと、治療を行わない限り、薄毛が進行してしまうことがわかっています。

そのため、できるだけ早く治療を受けることが効果的で望ましいとされています。

AGA治療は一般的な病院でも診察を受けることができますが、専門治療を行っているところのほうが、処方してくれる薬や治療法などが専門的で効果があるとされています。

ただ、専門治療を行ってくれるクリニックは、保険適用外になってしまうので、薬の費用などはすべて自己負担になります。

治療薬として使われている薬にはプロペシアやフィスナステリド、ミノキシジルなどが多く、専門クリニックであれば症状に合った薬を処方してもらうことができます。

薬は海外から個人輸入で購入することもできます。

AGAの治療を受けた人の何パーセントが効果があったの?

プロペシアは5年間調査した結果、1日1mgを服用した男性の90パーセントに効果があったと認められていますし、フィスナステリドとミノキシジルは3年以上服用した場合に、70パーセント以上の人に効果があったと出ています。

またフィスナステリドを服用を始めて3か月で発毛を実感できたという人が10パーセントくらいいるということがデータで数字として表れていますから、薬を服用することで効果があったと証明されています。

ただ薬を服用しても効果が出るまでには体質や薄毛が進行している状況によっても差異がありますし、薬を中断してしまった場合には再び薄毛が進行してしまうことがわかっています。

そのため、最低でも1年間は継続して治療を行う必要があるとされています。