AGA(男性型脱毛症)の仕組みについて

若い世代のうちから薄毛が目立っている人の場合には、AGA(男性型脱毛症)を発症している可能性が高いです。

AGA(男性型脱毛症)は薄毛の一種ですが、男性ホルモンの影響によって引き起こされると考えられています。

男性の睾丸にはテストステロンという男性ホルモンがありますが、体内の還元酵素である5αリダクターゼと結合することで、DHT(ジヒドロテストステロン)が生成されます。

このDHTは毛乳頭細胞などに影響を与えて、髪の毛の成長を阻害することがわかっています。

一般的には髪の毛の成長には毛周期というものがあり、ヘアサイクルとも呼ばれています。

通常であれば1本の髪の毛が成長して抜けるまでには、約2~6年ほどの期間がかかります。

髪の毛のヘアサイクルは、成長期と退行期、休止期を経過して抜け落ちることで1つのサイクルを行っていますが、DHTが増えることによって成長期が短くなるために、数か月から1年ほどの期間で髪の毛が抜けてしまいます。

これがAGAによる薄毛が起きる仕組みと言えます。

AGA(男性型脱毛症)の有効性の高い治療薬について

AGAによって起きる薄毛は仕組みが解明されていますので、有効性の高い治療薬が開発されています。

最近ではAGA治療を行っているクリニックも増えており、AGA治療薬のプロペシアなどの処方を受けることができます

プロペシアに含まれている成分のフィナステリドには、テストステロンと5αリダクターゼが結合することを阻害できる効果があるために、継続的に服用することによって、薄毛の進行を止めることが可能です。

プロペシアと併用する形で、血管を拡張できるミノキシジルについてもクリニックなどで処方が行われています。

これらのAGA治療薬は、あくまでも男性ホルモンが関与して発症する男性型脱毛症にのみ有効とされていますので、女性の薄毛を改善させる効果はありません。

女性はAGA治療薬に触れることは禁止されており、妊娠中の人が服用してしまったときには胎児の生殖器に影響が出る可能性が指摘されていますので、十分に注意しておくようにしましょう。