近年では薄毛治療が受けられる専門のクリニックが増えており、AGA治療薬の処方が行われています。

AGAクリニックで処方される治療薬は、主に内服薬と外服薬に分けることができます。

プロペシアについて

最も広く使用されている内服薬はプロペシアで、世界中の60カ国以上で使われており、日本では厚生労働省の認可を受けています。

薄毛の原因がAGAの場合には、男性ホルモンのテストステロンと還元酵素の5αリダクターゼが結合することで、DHTという男性ホルモンが生成されます。

DHTは毛乳頭細胞や毛母細胞などに影響を与えて、髪の毛を細くしたり、ヘアサイクルを乱す作用がありますので、それが原因となって薄毛が進行します。

プロペシアに含まれている主成分はフィナステリドで、男性ホルモンと5αリダクターゼが結合する働きを阻害できることから、薄毛が増える原因となるDHTの生成を抑制する効果があります。

従って、プロペシアの服用を継続することで、通常のヘアサイクルに戻すことが可能となり、薄毛の進行を止めることができます。

ミノキシジルについて

内服薬のプロペシアは薄毛の進行を止めることが大きな役割で、併用してミノキシジル成分が配合されている外服薬の処方を行うAGAクリニックが多いです。

ミノキシジルには血管を拡張させる作用があることから、薄毛が気になっている部分に塗布することで、血液の循環を促進させることができるために、頭皮環境を良くするための栄養素を届けやすくする効果があります。

一般的に外服薬は内服薬と比較したときに、得られる効果が小さいと考えられています。

海外ではミノキシジル成分が使用されている内服薬も販売されていますが、日本では認可を受けていないために、流通しているものは外服薬のみとなります。

外用薬は効果が少ない反面、副作用を発症する危険性を軽減できる点が特徴と言えます。

AGAクリニックではプロペシアとミノキシジルの両方を処方する治療を行っていることが多く、併用することに問題はありません。

クリニックで受けられるAGA治療については、即効性があるものではないために、半年以上の期間にわたって医薬品を継続的に使用する必要があります。