AGAクリニックで行われている治療法の種類としては、育毛メソセラピーHARG療法というものがあります。

両方の施術ともレーザーや注射を使用して、育毛効果があるとされている成分を頭皮に直接的に注入する治療法となります。

両者の違いとしては、注入する成分が異なる点にあります。

育毛メソセラピーの施術について

育毛メソセラピーの施術では、一般的なAGA治療に使用されている医薬品のフィナステリドやミノキシジルなどの成分、クリニックによってはそれらに加えてビタミンやミネラルなどをブレンドしているものが使用されています。

育毛メソセラピーは元々は美容外科の施術として行われていた方法で、AGAクリニックでは頭皮の育毛作用のある成分や、血行を促進させる成分を注入する方法が採用されています。

AGA治療薬を服用する方法よりも、高い治療効果が得られる方法であると考えられています。

頭皮に直接的に発毛成分を注入しますので、痛みを和らげるために麻酔を使用することや、注射針を使わないで行えるノーニードル法などの方法を採用しているクリニックもあります。

HARG療法の施術について

HARG療法においても、フィナステリドやミノキシジルなどの成分を使用しますが、その他に人間の幹細胞から抽出された細胞成長因子を頭皮に注入します。細胞成長因子を加えることによって、髪の毛を生成する組織を再生させる効果が期待できます。

HARG療法は別の呼び方として、毛髪再生療法という言い方もされており、どのような細胞にも変化することが可能な幹細胞を使用して発毛効果を得ることができます。

HARG療法による発毛率は約90%以上と言われており、細胞成長因子の働きによって毛母細胞を活性化させることで発毛を促すことができます。

HARG療法の施術方法は、パピュール法が主流で髪の毛よりも細い注射針によって、HARGカクテルや成長因子を注入します。

HARG療法は人間の体内組織の幹細胞を使用する方法のために、副作用の心配をすることなく、安全性の高い施術であると考えられています。

AGA病院の選び方について